今!SNSで話題!仙台駅できた意外なものとは、、、?

みなさんこんにちはー!

 

仙台つーしんのあーにゃです!

 

最近暑いです。

スポーツをする僕としては、ベタベタになるので嫌ですねー。

 

さて今回は!

SNSなどで仙台の話題となっているところに行ってきました!

 

 

どこに行ってきたのかというと、、、

 

仙台駅!

 

 

普通だ。

 

違うんです!!

 

 

なんと、仙台駅の一階入り口のところに、

ツバメの巣があるんです!

 

SNSを見てわざわざやってきたのかわかりませんが、

その巣をずっと見て、写真を撮ったりしている、20代女性が2人いました。

 

私もツバメの巣の写真を撮ろうとしたのですが、

一人だし、辛かったのですが、なんとか撮りました。

 

 

ツバメの巣があるが、こちらです!

 

見にくいかもしれませんが、

 

JR仙台駅の

 

駅の左側に、あるのです!

 

 

拡大するとこんな感じです。

しっかりとありますよね!

 

 

 

どーやってこんなところに作ったのだ。と思うかもしれませんが、

 

一般的な鳥は違い、ツバメは、小枝などを拾ってこないで、

空中に浮いている羽毛などを使うのです。

 

 

ツバメの巣といえば、高級食材なんて思われたりしますが、、、

 

 

高級食材!売ろう!巣を誰も見ていない間に、、、

 

ダメですっっっw

 

 

確かに高級食材では、あるのですが、

日本のツバメの巣は、どうしても泥やホコリが入ってしまうので、

食用には適していないのです。

 

食用として採取しているのは、海外です。

 

 

日本では、昔からツバメの巣が作られると、商売繁栄とか、幸運の予兆なんて言われたりしますが、

残念ながら、最近はそうじゃないみたいです。

巣が作られることによって起きる、良くない問題があるのですよね。

 

何かと言うと、

 

もれなく、巣周辺に鳥のふんが飛び散る

 

 

まあ、しょうがないですが、そういうことなんです。

 

 

しかし、まだツバメの巣作りを手伝っている場合が多いです。

 

ふんの問題を気にして、飛び散るのを防いだりしているところもあります。

 

 

 

そもそもなぜ幸運を運んできてくれるのかというと、

 

渡り鳥だからだそうです。

 

 

巣を作る環境として、湿気がちょうど良く、

風通しが良く、安全な場所、、、だそうです。

 

また一説によると、ツバメは人に慣れているから、

優しそうで、守ってくれる人のところに作るらしいですよ!w

 

 

仙台駅は、カラーコーンで、ふんが飛び散る可能性があるところを囲ってありました!

 

街中中の街中、そして駅チカ中の駅チカなので、

 

ぜひ!行って見てください!

 

 

フォーム

*
*
* (公開されません)