仙台のルールで壊れた傘をどうやって捨てるのが正しいのか調べてみた。

どうも!仙台つーしんのバラサです!

 

最近雨が多いですよね・・・

バラサはランニングが趣味なので、雨が多いと外を走れなくて困ります。

 

今日も傘を持って外に行こうとしたら、

そろそろ壊れそうだな・・・

 

ビニール傘って、年に1本は壊れませんか?

 

でも、傘ってどうやって捨てれば良いか分らなくないですか??

 

実は、バラサの家にはどうやって捨てたら良いか分らずに壊れた傘が何本かあります。

 

傘の捨て方を調べてみた。

 

ということで、どうやって捨てるのが正しいのかを調べてみました。

 

試しに「仙台 ゴミ 捨て方」で検索してみると、「五十音で引くワケ方事典|仙台市」なるページが出てきました!

 

これは分りそうだ!と思い開いてみると、ゴミの種類を五十音にして、それぞれの正しい捨て方が載っていました!

 

傘はというと・・・

 

ゴミの種類は「家庭ごみ」で、ゴミの出し方のポイントは「指定袋に入れる」とありました。

 

「家庭ごみ」がどういうゴミを指すのかというと、いわゆる燃えるゴミのイメージみたいです。

指定袋というと、このゴミ袋のことです。

 

なんだ、傘は燃えるゴミと一緒に捨てられたんですね!

 

ちなみに、「家庭ごみ」は、「台所の生ごみ」、「食用油」、「小型の家電製品」、「衣類・布類」「紙おむつ」、「花火・マッチ・固定燃料」、「ライター」、「かさ・空気入れ・灯油ポンプ・ポリタンク(20リットルまで)」、「ペットのふん」、「プラスチック製品」、「割れ物・鋭利な物(ガラス、せともの、刃物、鏡、電球、竹串、農薬・劇薬の空きびん、割れたびん、皿、コップ、植木鉢など)」、「住宅医療の廃棄物」、「庭の木の枝」と、結構広い種類を指すみたいです。

※詳しくは仙台市のHP等をご確認ください。

 

今までどうやって捨てたら良いか分らずに迷ってたものも、結構「家庭ごみ」として出せるんだなあという印象です。

たまに壊れた傘が捨てられているのを見かけますが、ゴミは正しく捨てましょうね!

 

仙台つーしんでは、こうした暮らしにちょっと役立つ情報もお伝えしていきたいと思いますー!

フォーム

*
*
* (公開されません)