ジャズフェスのパンフレットが配布開始!【2017定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台】

どうも!仙台つーしんのバラサです!

 

いよいよ来週は定禅寺ストリートジャズフェスティバル、いわゆる“ジャズフェス”が開催されますよね!

 

ジャズというと、「BLUE GIANT」というマンガが今大人気なのを知っていますか?

 

仙台の高校生“宮本大”が、ある日聞いたジャズに心惹かれて、世界一のサックスプレーヤーを目指す物語です。

 

そのマンガの中では仙台の街並みもたくさん出てきますし、もちろんジャズフェスの話も出てきます!

 

このマンガを読んでからジャズフェスに行くと、楽しさ倍増なので是非読んでみてください!

 

今日は、ジャズフェスのパンフレットの中身をお伝えします!

 

定禅寺ジャズストリートフェスティバルin仙台

 

ジャズフェスのパンフレットが配布開始になったようです。

 

仙台駅構内の観光情報センターや、せんだいメディアテーク、東北電力グリーンプラザ、ヤマハミュージックリテイリング仙台店、山野楽器仙台店等で入手可能みたいですね。

 

仙台つーしんではいち早くパンフレットをゲットしました!

 

パンフレット自体は無料で誰でもゲットできるのですが、宮城県外から来る方で、早くパンフレットを見たいという方もいると思います。

 

そこで、今回はその写真をお伝えしたいと思います!!

まず表紙はこんな感じです!全部で50ページを超えるボリュームになっています!

第27回目となる今回のテーマは「OUR SPACE」。

コンセプトは次の3つです。

①ステージは街です。
②あらゆるジャンルの音楽で溢れます。
③市民みんなで作っています。

ジャズフェスの名称にある「ストリートジャズ」とは、19世紀末、アメリカでうぶ声を上げたジャズの、自由な精神と表現を受け継ぎ、ここ仙台・定禅寺から新しい音楽と文化を創造していくという思いがこめられているみたいです!

 

ものすごい数のバンドが参加するみたいですね。


こちらが出店の情報になります。

勾当台公園、錦町公園、榴岡公園、AERでブースが出されるほか、西公園では「音楽と食の豊かなノイズ」として、コーヒー、マフィン、ドーナッツ、サンドイッチなどフォトジェニックな力をもつカフェやベーカリーが出店する、ジャズフェス初のマルシェが開催されます!

コーヒーやドーナッツを片手に音楽が聴けるなんて、とても素敵な試みですよね!

 こちらが企業とのタイアップステージなどの概要です。

イービーンズやタワービル、トラストシティなんかでタイアップステージがあるほか、今年は仙台空港でもウェルカムステージとして日本全国からジャズフェスに訪れる人たちを出迎えます!

この次のページからは、各ステージのプログラムが載ってますが、公式HPにもありますのでそちらも見てくださいね。

 

ステージプログラムのページを飛ばして、次はイベント案内があります。

今年のオフィシャルグッズはこんな感じみたいです!

去年は完売になったグッズもあるみたいなので気をつけてくださいね。

 

いち早くグッズをゲットしたい人のために、9/8(金)の18:30~20:00の時間帯で、せんだいメディアテーク1Fオープンスクエアにてグッズの先行販売も行うようです!

 

最終ページには全体の地図が載っています。

ステージは全部で48もあります!

それぞれのステージでジャンルが違うみたいなので、行く場所の参考にしてみてくださいね。

音楽のジャンルは、ジャズはもちろんのこと、R&Bや、ロック、ポップス、ブルースなどなど、たくさんのジャンルのステージがあります。

コンセプトの一つが「あらゆるジャンルの音楽で溢れます」となっていますし、色んな音楽が聴けるのもジャズフェスの魅力のひとつですよね!

 

ジャズフェスでは仙台中で音楽が溢れていてとても楽しいですよね!

バラサも県外から来る友達とジャズフェスに行くので、来週が楽しみです!!

フォーム

*
*
* (公開されません)