この銅像は仙台のどこにある?#仙台ココドコ

どうも!仙台つーしんのバラサです!

今回は#仙台ココドコ!

仙台度★★★★☆
難易度★☆☆☆☆

この銅像は仙台のどこにあるでしょうか??

・・・って皆さんわかりますよね?

ヒント1 ネコの銅像もあります

他にも何個かあります

ヒント2 目の前にはデカい広場があります

これはかなり広い公園ですね

ヒント3 こんな景色が見えます

あの建物が見える広い公園はあそこしかありませんよね!

正解は・・・!

正解は七北田公園でした!

これは結構簡単だったと思いますが、分かりましたか?

近くにはこんな銅像もあります。

改めて沿革を見てみると

平成元年に行われた市制100周年記念事業の1つ

「第7回全国都市緑化せんだいフェア」の会場としてこの場所が使用された後、

平成2年に都市公園として開園したということです。

七北田公園というとやっぱり

「泉区民ふるさとまつり」のイメージが一番強いですよね。

今回紹介した3つの銅像を合わせて

「晴朗な日」というタイトルが付けられています。

作者の黒川晃彦さんはそのタイトルの由来を次のように話しています。

アメリカの黒人音楽ゴスペル「UNCLOUDY DAY」より採りました。
これは私がいつか使いたいと考えていた題名で、今回設置場所に最適と考えます。
本来、天国について歌ったものですが、その一節に「晴朗な日の黄金の地」という歌詞があり、宮城の豊かな土地とイメージが同じものと感じました。

仙台市HPより

普段何気なく目にしているこの銅像にも

こんな風に名前があると思うと

少し見方も変わるような気がします。

フォーム

*
*
* (公開されません)