仙台市天文台で新しい挑戦へ。すでに〇〇万円が投資された!その挑戦とは!

みなさんこんにちは〜!仙台つーしんのあーにゃです。

ちょこっと雨降ってる時は自転車なんですが、家でせっかくアイロンしたのに、

ついたら髪がもとどおりになっていて、本当にテンション下がりまする。

これから梅雨だから多くなりそうだなぁ。

 

さて今回は!

仙台市天文台の新しい挑戦

仙台市天文台が何やら面白いことを始めるようです。

 

被災地を照らした3.11の星空を全国へ。

震災時はとてつもなく広範囲で停電が起きたので、光がありませんでした。

普段、星の敵である光がなかったので、停電していた時はずっと綺麗な星空を見ることができました。

 

その時の星空を、蘇らせよう。そして全国へ届けよう!という企画です。

 

この企画を運営するための資金を、クラウドファンディングで集めていたのですが、

第一目標金額の1000000円を突破し、次の目標である、2500000円への道をたどっています。

 

投資金額に応じて、リターンが帰って来ます。種類が豊富で、書ききれないので、

あとはクラウドファンディングサイトをご覧ください!

 

仙台市天文台にはプラネタリウムもあるので、完全に星空の中に入り込むことができるんです。

以前にも震災関連のプラネタリウム番組「星空とともに」を制作しました。

その番組も、大反響!全国40ケ所以上のプラネタリウム施設で投映されました。

 

これが出来上がったら、ぜひ、見て見たいですね!

 

■完成予定:2019年1月
■公開予定:2019年3月
■制作内容:プラネタリウム版、学校や公民館等でも再生できる映像版、

      個人で聴くための音声版の3種を制作予定

 

仙台市天文台の挑戦。被災地を照らした3.11の星空を全国へ。

クラウドファンディングページ

 

 

フォーム

*
*
* (公開されません)