仙台市天文台で自由研究対策の!?ワークショップ開催と正社員募集のお知らせ


みなさんこんにちはー!仙台つーしんのあーにゃです。大人になったら、

朝ちゃんと起きれないんじゃないかって、不安になるくらい朝が苦手です。

ひどい時は、iPhoneのアラーム最大音量でも気づきません。

 

さて今回は!

仙台市天文台でワークショップ開催

ワークショップと一口に言っても、沢山ありますが、今回紹介するワークショップは小学生/親子向けです。

詳しい内容は、、、

宇宙関係です。ずばりタイトルは、

星座を立体的に見てみる

ざっくり紹介すると、季節の星座の立体模型をつくり、星座の星々の距離を調べることをします。

詳細情報

 

開催日

2018年8月6日

開催時間

13:00 – 15:00

場所

仙台市天文台 展示室、加藤・小坂ホール

料金

材料費1,000円 ※他に展示室観覧料が必要です

定員

10名

申込み

7月7日から電話のみ受付(抽選)

申込締切

7月27日(金) ※抽選後当選者のみ連絡

対象

小学生(高学年)


定員が10名なのに驚き!相当濃い体験ができますね!ただ、先着順じゃなくて、電話受付で抽選なので、ご心配なく!

その大切な申し込み開始日時は7月7日からです。

最近トランプ大統領が宇宙軍を作ることを命令したり?宇宙はこれからの成長分野です。

この分野に興味が出るチャンスかもしれません!ぜひ行ってみてください!

このワークショップの公式HP http://www.sendai-astro.jp/event/2018/06/post-32.html

 

夏休みの自由研究は強制されているのかわかりませんが、出したい人、また

出さなきゃいけない人!(←これがめんどい)、これを1日受ければ、課題が研究終了です。

 

これは小学生向けのワークショップ紹介でしたが、ここからは大人向けコンテンツです。

今回紹介したワークショップの、開催地でもある仙台市天文台ですが、職員を募集するみたいです。しかも、雇用形態は契約とかではなく、

正社員

雇用形態にこだわる人は、興味がある人もいそうですね。

職種は企画・交流部門みたいです。

• 主体的に業務の推進や問題解決に当たることができる方

• 接客業務を仕事として楽しむことができる方

• 他者と協力して仕事をすることを厭わない方

• 天文学や科学に関する社会教育施設運営に興味のある方

• 天文学や科学を通じて市民との交流活動を積極的に図ることができる方

• 望遠鏡・プラネタリウム・展示などの設備を最大限活用し、新たなチャレンジを楽しめる方

興味がある人はぜひ、、

仙台市天文台職員採用HP http://www.goto.co.jp/recruit/20180521-2/

フォーム

*
*
* (公開されません)