15年ぶりの火星を仙台で楽しむ方法

みなさんこんにちはー!仙台つーしんのあーにゃです。台風が来る前の生温いかぜわかります?笑 まさに今吹き荒れています。仙台に直接的に影響はなさそうですが、、何かあったら出来るだけ早くお伝えいたします。
さて今回は!

火星を楽しめ

知っている人も多そうですが、この夏15年ぶりに火星が地球に大接近するんです
Mars_Valles_Marineris.jpeg
火星↑
赤く映る写真が多いですがこれは黄色がかったタイプです。
火星が日本に最接近するのは31日で、5759万キロまで近づきます。
距離が近づけば近づくほど、明るさが増します。最接近時には半年前の50倍みたいです。
その光を楽しみたい!

仙台で一番宇宙に近いと言ったら!(?)

仙台市天文台

このnatural  eventにあわせて、仙台市天文台が特別観望会を開催します。
プログラムはプラネタリウムでの解説や屋外観望会などです。
特別観望会は午後9~11時、各日先着400人が天文台の望遠鏡で火星を見られます。チケットの販売は20:00からです。
31日のプラネタリウム解説は午後9時から4回開きます。屋外広場には天体望遠鏡を並べ、自由に観察できます!
料金がかかるのですが、高校生以上200円、小中学生100円!
自由研究の1ネタになります。(せんつー、自由研究ネタ結構いっぱいありますよ)
台風が来ていて、悪天候による中止等ですが公式HPにて17:00に発表されます!
晴天時のみ開催と書いてあるので、曇り程度でもだめかもしれないです。

ぜひ!行ってみてください!

時間が時間なもので、公共交通機関は厳しいかも、、、?

余談

仙台市天文台のHP、すごくかっこいいんです。宇宙とかっていう事自体、ある種アートなのでかっこいいのはわかるのですが、市の施設としてのHPとしてはトップレベルです。CAMPFIREでクラウドファンディングを実施したり、本当に尊敬です。

フォーム

*
*
* (公開されません)