スポンサーリンク

どうも!仙台つーしんのバラサです!!!(o^∇^o)ノ

今日も前回に引き続き、気になる仙台さくら野の状況を調査してきました!

テナントの営業状況は変わらずですね。

占いの「開運館」の連絡先がありました。

H&Mではスプリングセールを開催中です。

館内を回ってみましたが、今のところ状況に変化はないようでした。
さくら野は今後、どうなるんでしょうか?


気になる・・・(⌒▽⌒;) 


そこで今回は、仙台市が公表している「仙台都市計画マスタープラン地域別構想(平成26年3月)」をもとに、さくら野の今後を考えてみたいと思います!(*'▽'*)

(このマスタープランは仙台市のHPで公開されています)
このマスタープランによると、仙台市は都心地区のまちづくりの基本理念として「都市の健全な発展と東北の成長を牽引する都心地区の形成」を掲げているんだそうです。

ふむふむ。(* ̄・ ̄)

仙台のまちづくりにこんな目標があったなんて、なんだか凄いですよね!!

仙台は東北の中心都市で、緑ゆたかで綺麗な街並みがあって、やっぱり災害対策にも力を入れていて、とても仙台らしい目標だなって気がします!

さて!仙台駅前のさくら野周辺については何か書いてあるかな?と思って調べてみると、方向1の中にこんな言葉がありました。
「JR仙台駅周辺から中央通、東一番丁通の中心商店街を商業・賑わい軸として、高度な商業機能が集積した魅力ある商業ゾーンの形成を推進します」

考えてみると、ここ最近はエスパル東館もできて、PARCO2もできて、「高度な商業機能」がつくられているように思います(⌒▽⌒ 

他にはこんな言葉がありました。
「仙台駅周辺エリアは、東北の玄関口にふさわしい、商業・業務機能・交流機能の集積と高度化を推進します」

う〜ん

「東北の玄関口にふさわしい」ってどういうことなんでしょうね?

東北の玄関口にふさわしいというと・・・

・震災の記憶を後世に伝える施設

・浅草の「まるごとにっぽん」みたいな東北各地方のアンテナショップ

・東北各地の歴史が分かる博物館

・東北各地の郷土料理・風習が楽しめる外国人観光客向けの宿泊施設

みたいな感じでしょうか??

そう考えてみると、仙台駅前にはそのような施設がありませんし(もしかしてあるのかな?)、

この場所にふさわしい感じもします。考えてみると色々と想像が膨らみますw( ̄▽ ̄)

ちなみにバラサは「まるごとにっぽん」みたいなやつができれば良いなって思います!

仙台の中心に住んでいながら、東北各地の発展に貢献できたら嬉しいですよね!

皆さんは、何ができると思いますか???

今回はさくら野のその後を考えてみましたが、実際に何ができるかは今後のお楽しみ

仙台つーしんは、まだまださくら野のその後を追っていきます!!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事