スポンサーリンク

みなさんこんにちはー!

あーにゃです。

 

本日は雨ですね。ほぼ100%なので止まないと思います。

今日は、もちろん明日まで降り続きます。

 

実は、この記事書くの三回目くらいなんです。

タブを閉じてしまうと、下書きすら消えてしまうんですね。

慣れでどうにかなるのでしょうか。。。

頑張ります!!

 

さて!今回は、

スキー場紹介!第二弾!

 

今回紹介するスキー場は、、、

 

夏油高原スキー場!

 

知らない人も多いかと思うので、どこにあるのかと言いますと、

 

岩手県

でございます


え!仙台じゃないじゃん

 

高速使用して、2時間です!ギリギリ許容範囲ではないでしょうか。

 

夏油高原スキー場のポイントを、徹底解説したいと思います!

1,総滑走距離17.000メートル!

 

17キロですよ!1日で周れるでしょうか

2,ツリーランエリアオープン!

3月なのに!周りに比べて圧倒的降雪量を誇り、

この時期でも滑れるのです。

 

ツリーランエリアとは、木々が伐採されて、

みんなが滑れるようになっているところではなく、

伐採されていなくて、木々があるところを滑るエリアのことです。

 

私はスノボで行きましたが、パウダー45センチほどで、

 

先端が埋まり、体も埋まり、脱出するのに1時間かかりました。

 

※夏油高原スキー場では、ツリーランコースは、超上級設定です!

 罰ゲームのノリでいかないことです!本当に怪我してしまいますし、

 コース外設定になっているので、救助は有料です。

 なお、ヘルメットの着用は義務付けられていています。

 

3,東北屈指の規模、Gパークもアイテム続々登場です!

パークも好きで、行かせていただきましたが、

 

東北としては、トップレベルでした。

 

私が行ったときには、推定6メートルほどのジャンプ台と、

キッカーとBOX、レールが一連になっていました。

 

すべて丁寧に整備されていてて、使いやすかったです。

 

大きなジャンプ台の飛び出し部分は、
かなり平面になっていて、飛び出しやすかったです。

キッカーも飛び出しやすいキッカーでした。

ボックスは、小さな人工大理石みたいなものが、2つあって、
滑れましたが、普通のものではなかったです。

レールも同じような感じでした。

 

4,夏油高原スキー場と、宿泊施設がコラボ!リフト券代と宿泊代をセットでオトクに!

 


しかも、コラボしている宿泊施設が、1つではないんです!

少しだけ紹介しますね!

 

入畑温泉 瀬目の湯
 

夏油高原近くに、川が流れているのですが、その川に近いところにある、
かなり落ち着いた雰囲気の温泉旅館です。この旅館の浴室から、
美しい景観を見れます!
 

ぜひ!友達、家族と泊まりで行ってみてください!

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事