スポンサーリンク

どうも!仙台つーしんのバラサです!(^O^)/


昨日のニュースで国土交通省が地価公示を公表して、仙台の地価は上がっているというニュースを見た人も多いのではないでしょうか?
そこで、国交省が公表した「価格形成要因等の概要」という資料を見て、色々と調べてみました!


これによると、商業地の県内最高値は「青葉区中央1丁目813番」とあります。
気になるその価格はなんと1㎡あたり282万円!( ̄□ ̄)


しかも去年から13.7%も価格が上がっているんだとか!


これは住所で言うと「青葉区中央1-10-1」なんだそうです。

ここはヒューモス5さんがある場所で、仙台つーしんが状況を日々お伝えしているさくら野百貨店すぐそばです。
以前、地価公示とはまた少し違いますが、路線価の県内最高値はさくら野前という記事を書きました。
やはり、ここは宮城・仙台の一等地なんですねヽ( ̄▽ ̄)ノ



ちなみに、この282万円がどの位高いのか、国交省の「標準値・基準値検索システム」というサイトで

違う場所の地価も調べてみました!( ̄Д ̄)

これによると、例えば「青葉区中央2-10-20」は147万円、「青葉区中央2-2-24」は175万円、

「青葉区中央2-6-19」は63.3万円です。

住所がちょっと変わるだけで、こんなにも地価は変わるんですね。

それに、282万円というのが如何に高価格なのかが分かりますノ( ̄0 ̄;)

先ほどの「価格形成要因等の概要」をもう一度見てみると、県内の外国人宿泊者は増加傾向の一方、

「ホテル不足が叫ばれる中、仙台市中心部では県外ホテル業者の用地物色の動きがみられる」といったことが書かれています。
さくら野跡地がホテルになる可能性も、ゼロではないのかもしれませんね!( ̄□ ̄)


今回はいつもと少し違う角度からさくら野に関する情報をお伝えしましたが、

仙台つーしんではまだまださくら野情報をお伝えしていきます!( ^∇^)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事