スポンサーリンク

どうも!仙台つーしんのバラサです!

この前車のタイヤ交換をしようと思ってお店に電話したら、

一番早くて12月1日じゃないと交換できないと言われました。

もっと早く予約すればよかったと反省してます。

チラホラ雪もちらつくようになってきましたから、

運転される方は十分に気を付けてくださいね。

渋谷のフレンチレストランが仙台の学生が考えた料理をメニュー化

そのメニューとはコチラ。

宮城県産白身魚のヴィエノワーズ風 ~春菊のソース~

宮城野ポークのブルーベリー煮込み ~茸とラビオリとともに~


 

これは、仙台コミュニケーションアート専門学校が授業の一環として

「宮城県産食材を使用し、フランス料理ランチコースのメインディッシュメニューの開発をすること」

を課題に考えたメニューを生徒同士が魚料理と肉料理を作って競い合い、

それぞれの優勝作品が渋谷エクセルホテル東急25階にあるレストラン

「ア ビエント」のプリフィックスランチコースのメニューとしてラインナップされたものです。

■販売の概要
【期間】
 魚料理  2017年11月27日(月)~12月24日(日)
   肉料理  2017年12月25日(月)~2018年1月21日(日) ※12月31日~1月3日を除く
【時間】
  11:30~15:00(ラストオーダー14:00)
【店舗】
  レストラン「ア ビエント」
  東京都渋谷区道玄坂1-12-2(渋谷マークシティ内) 渋谷エクセルホテル東急 25階
【販売メニューと料金】
 Déjeuner B(前菜+魚料理または肉料理+デザート) 3,200円
 Déjeuner C(前菜・魚料理・肉料理から3品+デザート) 4,800円

仙台の学生が考えたメニューがこんな風に東京でメニュー化されるというのは嬉しいニュースですね。

バラサは残念ながら食べに行くことはできなさそうですが、

東京にお住まいの方には是非行ってみて欲しいです。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事