スポンサーリンク

どうも。仙台つーしんのずんだです。

どうやら今シーズンから楽天スタジアムは完全キャッシュレス化になるみたいです。それって具体的にどういうことなんでしょう?

 

 

そもそも、「キャッシュレス化」ってどういうこと?って感じですが、使える決済方法は次の通り。

 

・楽天ペイ(アプリ決済)
・楽天Edy
・クレジットカード
・楽天スーパーポイント
・楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)
・その他銀行のブランドデビットカード(JCB/Visa/Mastercard)
・楽天銀行プリペイドカード(JCB)

 

こうやって見てみると、「キャッシュレス化」と聞いてイメージするよりはけっこうたくさん種類があるみたいです。てっきり楽天系の支払い方法しかできなくなるのかと思いきや、普通のクレジットカードも使えるみたいですね。

 

そしてこのキャッシュレス化は4月2日(火)の北海道日本ハムファイターズ戦(2019シーズン東北開幕戦)から始まるのだそうな。

 

楽天は、このキャッシュレス化をスムーズに進めるために次のような対応をするそうです。

 

・楽天ペイ決済環境
POS(レジ型、タブレット型):コード表示で支払い可能でスムーズな会計を目指す
POS以外(売り子、臨時店舗等):QRコード(プリント型)を予定。売り子も全員QRコードを持参して販売する
・楽天Edy決済環境
チャージ機を開幕時点で100台以上配置し、スタジアムどこでもチャージ可能な環境を整備
・小銭でのチャージが可能なチャージ機を整備予定
・クレジットカード決済環境
モバイル決済端末を追加設置する他、サインレス決済(1万円未満)を実施

 

1万円未満のクレジット決済はサインレスということなので、実際はこの方法を使う人が多いのかな?と個人的には感じます。

 

それから、お客様への対応ということで次のようなこともするようです。

 

1.楽天キャッシュレスデスクを設置
スタジアム5箇所に、キャッシュレス決済のお問い合わせ全般をお受けする有人サポートデスクを設置し、スタッフがお客様のお困りごとを解決します。
<主なサービス内容>
・両替サービス
・Edyカードレンタル(貸し出し、返却 デポジット管理)
・Edyカードの販売
・Edyカードのプレゼント(中学生以下のお子様)
・チャージ機の運用
・Edy、楽天ペイの説明、各種問い合わせ対応
・Edy残高確認
・楽天ID連携、楽天ID取得のサポート

2.Edyカードプレゼント実施
クレジットカードをお持ちでないお子様や、電子マネーに馴染みのないお客様にもキャッシュレス決済をご利用いただきやすいようにするために、通常は販売しているEdyカードのプレゼントを実施します。
1)Edyカードプレゼントを試合日の来場客を対象に実施
4月2日(火)北海道日本ハムファイターズ戦 来場者全員に限定デザインEdyカードプレゼント
2)年間シートオーナーに限定デザインEdyカードをプレゼント
 ※郵送にて送付します
3)TEAM EAGLES(ファンクラブ)会員に限定デザインのEdyカードをプレゼント
   ※4月の楽天イーグルス主催試合に来場した会員が対象(※限定デザインは数量に限りあり)
4)中学生以下のチケットをお持ちのお子様にイーグルスキッズEdyカードをプレゼント
 ※4月2日(火)は対象外
5)修学旅行生には500円チャージ済のEdyカードプレゼント

3.Edyカード付の観戦チケットを販売
Edyカードが付いた観戦チケットを4月の特定試合に販売します。

 

球場に行って、キャッシュレス決済の方法を持ってくるのを忘れた場合にはEdyカードがレンタルできるみたいなので、

 

このニュースを知らない人でも大丈夫ということです。ただ、公式HPを見てみると「チャージした金額を使い切れなかったら返金してもらえるのですか?」

という質問に対しての回答が次の通りなので注意が必要です。

 

申し訳ございませんが、原則として払い戻しや盗難・紛失時の残高補償はできません。
1日で使いきれる金額をチャージいただきご利用ください。
なお、どうしても使い切れず残ってしまった金額は球団が取り組むTOHOKU SMILE PROJECTに寄付させていただきます。

他にも調べてみると、キャッシュレス化のキャンペーンも行うみたい。

 

2019シーズンの楽天生命パーク宮城一軍公式戦開催日に、以下のキャンペーンを実施します。
1)楽天ペイ支払いでビール・ソフトドリンク100円OFF(通年)
2)楽天ペイ支払いでグッズ購入で10%ポイントバック(通年)
 ※ポイント進呈に関しましては、ご利用月の翌月末頃に翌々月末日までご利用いただける期間限定ポイントで付与します
 ※お一人あたりの上限は2000ポイントまでとなります
3)年4回開催!FANS’MATCHでは楽天ペイ支払いでビール・ソフトドリンクが半額に!

 

「完全キャッシュレス化」と聞くと、そういうのに慣れない人は戸惑ってしまいそうだなという印象がありますが、こうやって調べてみるとお客さんが困らないように色々と対応はあるみたいです。割引なんかもあったりするみたいですし。

 

それから、この球場は楽天の試合の他にも高校野球なんかで使われる場合もありますから、その際はどうなるのか気になるところです。HPにはこうありました。

 

高校野球、少年野球・草野球等、またその他イベントでスタジアムをご利用いただく際にオープンしている店舗は、キャッシュレス決済のみのお取扱いとさせていただきます。
臨時で出店するグッズ・飲食店舗等はこの限りではございません。

 

高校野球なんかでも、基本的にはキャッシュレス決済のみということなので、混乱がなければ良いなあとちょっと思ったりします。

 

他にも公式HPには色々とQ&Aが書いてありますから、気になる人は見てみてくださいね。

 

 

ちなみに、

このキャッシュレス化は楽天ペイをもっと広げていきたいという楽天の想いがあるんだと思うわけです。普段、仙台つーしんのネタを探しに街中をたくさん歩いているずんだですが、現状は楽天ペイよりも「PayPay」を導入したお店の方がたくさんあると感じます。

 

最近は、アーケード内の老舗にもPayPay対応のシールが貼ってあってPayPayの勢いに驚かされています。一方で、今のところ楽天ペイに対応したお店はあまり見ないですね。あくまで感覚的なものですけれど。

 

キャッシュレス化というのはどうやら世界的な流れみたいです。人によってキャッシュレス化の是非はあると思いますが、慣れていく必要があるんだろうなと思います。

 

ネットを見てみると今回のキャッシュレス化について色んな意見が出されています。賛成の人もいれば、反対の人もいるようです。

 

今回のキャッシュレス化によって、たくさんの人が楽天球場でスタッフのサポートを受けながらキャッシュレス化に慣れていくことができれば、

 

将来的にキャッシュレス化の流れに付いて行けずに困る人が減ることにもつながるので、そういう面では良いことなのかな、という気もします。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事