スポンサーリンク

どうも!仙台つーしんのずんだです!

5月12日に仙台国際ハーフマラソンが行われます。今回は、ハーフマラソンの自己ベスト73分23秒で過去3回仙台ハーフを走ったことがあるずんだが、レース終了後から飲み会開始までの微妙な時間に仙台を楽しむためのコアな特集をお送りしたいと思います。

まずは温泉へ

レース終了後はまず温泉に入りたいですよね。レース会場の宮城野原陸上競技場すぐそばのJR宮城野原駅から電車に乗り、終着のあおば通駅まで行きます。あおば通駅からは歩いて5分くらい、アーケードの中にあります(レース終了後は電車がめちゃくちゃ混むので、ダウンがてら歩いて行っても良いかもしれません。徒歩30分程度)。

男性専用なので女性は残念ながら使えません。公式HPはコチラ

続いて腹ごしらえ

他県からの参加者は、せっかくなので仙台名物を食べたいところ。牛タンは夜の飲み会で食べるとして、この時間で食べたいのはずんだ。有名なずんだシェイクは飲んだことがあるから、違う何かを食べたいという方も少なくないはず。そこでお勧めしたいのは「鯛きち」のずんだ鯛やき。ずんだは自称ずんだ大使をやっているんですけど、これは是非食べていただきたい一品です。

地図を見ると分かると思いますが、先ほどの温泉からすぐそば。公式HPはコチラ

飲み会までもう待てない・・・

風呂に入って、腹ごしらえをして、そろそろ良い感じにお酒が飲みたくなってくるはず。でも、まだちょっと時間がある。そんなときに行きたいのは世にも珍しい日本酒の自販機。

なんと100円で日本酒が飲めてしまいます。銘柄も東北の地酒なので、観光としてもちょうど良い素晴らしい自販機です。

場所は仙台駅2階の、仙台駅西口から東口に向かう大きな通路沿いにあるお土産売り場「伊達のこみち」にあります。ちょうど下の写真の「S-PAL」と書いてあるシャッターの中です(分かり辛くてごめんなさい)。ちなみに「鯛きち」から仙台駅までは、「鯛きち」から信号を渡ってアーケードを真っ直ぐ進むと簡単にたどり着けます。

初めての人にはちょっと分かり辛い場所にあるんですが、自販機で日本酒が飲めると感動するんで是非頑張って探して欲しいです。公式HPはコチラ

オススメの飲み会会場

ここまで書くと、オススメの飲み会会場もお伝えしたくなります。

ずんだのオススメは「蔵の庄」。仙台駅目の前ですし、仙台名物も食べられて、東北の地酒も揃ってます。何より、お通しの野菜がとにかく美味い。人気のお店なので、予約はお早めに(何店舗かあるので違う店舗を予約しないように気を付けてください)。

公式HPはコチラ

新幹線で帰る前に

飲み会終了後、そのまま新幹線に乗って帰るという人も多いようです。楽しかった飲み会。でも、まだちょっと食べたりないな・・・。そんな時にオススメしたいのが駅弁「伯養軒の炙りえんがわずし」。これは本当に美味いので買わないと損です。

場所は仙台駅中央改札前(ステンドグラス前)の駅弁屋。場所が分からなかったら、「『あぶりえんがわずし』どこで売ってますか?」と店員さんに聞けば教えてくれると思います。Twitterの人気アカウント「おいでよ宮城」が広めたことから、「おい宮寿司」と呼ばれたりもします。

場所はこちらのサイトをご覧ください

最後にもう1杯のみたい・・・!

仙台は本当に楽しかった。でも、最後にもう1杯飲みたい。そんな人にオススメなのがまたしても日本酒の自動販売機。実は、新幹線の改札内「青葉亭」にも日本酒の自動販売機があるのです。こちらは1杯300円。隣でおつまみを買うこともできます。場所はコチラのプレスリリースからどうぞ

最後に

仙台ハーフは楽しいですよね。定禅寺通あたりを走っていると、沿道にたくさんの人がいて実業団選手になった気分になれますし。

ずんだは今年諸事情で走れないんですけど、是非ハーフマラソン、そして仙台を楽しんで欲しいです。

あと、これをきっかけに仙台つーしんを知ってもらえたら嬉しいです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事