スポンサーリンク

みなさんこんにちはー。仙台つーしんのASUFAです。
皆さん!知ってますか!

風しんがまた流行ってる

 約1万4千人の風疹患者が報告された2013年以降、流行は終息に向かい、
17年には100人程度に。ところが!!
今年、再び流行ってるみたいなんです。

風しんの症状

感染してから14~21日(平均16~18日)後に、発熱、発疹、リンパ節腫脹(耳介後部、後頭部、頚部)が出ます。
子供は比較的軽い症状ですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症が発生することがあります。大人がかかると、発熱や発疹の期間が子供に比べて長く、関節痛がひどいことが多いようです。
妊婦、妊娠20週頃(特に、妊娠初期)の女性が風しんにかかると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等の障害(先天性風しん症候群)をもった赤ちゃんがうまれる可能性があり、特に注意が必要です。

無料予防接種、検査の対象となる方

妊娠を希望する女性、又は
風しんの抗体価が低いことが判明している妊婦の同居者等に対する無料の風しん抗体検査事業
です。
期間は令和2年3月31日まで。

検査の受け方

  1. 事前に電話で仙台市風しん抗体検査登録医療機関あて風しん抗体検査の予約をします。
  2. 仙台市風しん抗体検査登録医療機関で風しん抗体検査問診票に記入し、対象者の確認を受けます。
  3. 採血して、抗体検査(HI法)を実施します。
  4. 後日、仙台市風しん抗体検査登録医療機関で抗体検査結果の説明を受けます。

 

次は

1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54)4月1日までに生まれた男性
を対象とする無料の抗体検査及び定期予防接種事業

1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54)4月1日までに生まれた人は
これまで風しんに係る公的な予防接種を受ける機会がなかった世代なんです。
そこで、こちらは無料で予防接種ができます。

予防接種は、、

風しんを含むワクチン(主に接種されているのは、麻しん風しん混合ワクチン)を1回接種した人に風しんウイルスに対する免疫ができる割合は95%、2回接種した人に免疫ができる割合は99%と考えられています。また、接種後年数の経過とともに、免疫が低下してきた人に対しては、追加のワクチンを受けることで免疫を増強させる効果もあります。
風しんを含むワクチンには、風しんワクチン、麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)、麻しん・風しん・おたふく風邪混合ワクチン(MMRワクチン)があります。

年代別の接種状況

生年月日など ワクチンの接種状況
昭和37年4月1日以前生まれの男女 定期予防接種が行われていませんでしたが、大半の人が自然に感染することで免疫があります。
昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性 中学生の時に女性のみを対象として、学校で集団接種が行われていたため、自然に風しんに感染する機会が減少しましたが、男性は定期予防接種が行われていないので、風しんの免疫がない人が多い世代です。
昭和54年4月2日~昭和62年10月1日生まれの男女 男女とも中学生の時に定期予防接種を受ける対象となっていましたが、中学生の時に個別に医療機関で予防接種を受ける制度であったため、接種率が低く、風しんの免疫が無い人が多い世代です。
昭和62年10月2日~平成2年4月1日生まれの男女 男女とも幼児のときに定期予防接種を受ける対象となり接種率は比較的高いのでですが、自然に風しんに感染する機会がさらに減少したため、接種を受けていない人には風しんの免疫が無い人が比較的多い世代です。
子供の風しんワクチン接種
接種期間 接種回数 接種時期

第1期

通年

1回

1歳の誕生日の前日から2歳の誕生日の前日までのお子さん

第2期

通年

1回

来年度小学校入学予定のお子さん

 

とりあえず、、

妊娠を希望する女性、又は風しんの抗体価が低いことが判明している妊婦の同居者等に対する無料の風しん抗体検査事業

1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54)4月1日までに生まれた男性を対象とする無料の抗体検査及び定期予防接種事業

があります。ぜひ有効活用してください!



【お知らせ】
仙台つーしんがアプリ化しました!

仙台つーしんのトップページをホーム画面に追加すると、仙台つーしんをアプリとして使用できます。

アプリ版は、WEB版よりもスムーズにサイトを見ることができます。

是非、ホーム画面に追加してみてください!




仙台つーしんのTwitterも是非ご覧ください。



関連記事
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事