スポンサーリンク

いかがお過ごしですか、nittaです。

2019年10月12日(土)の台風19号は、多くの都道府県とともに宮城県内にも大きな被害をもたらしました。

その被害は宮城県内の図書館にも被害をもたらしていたようです。

宮城県図書館の公式サイトでは、「台風19号に伴う宮城県内の図書館の被害状況について」で、宮城県内で被害の大きい図書館についてまとめています。

図書館名 被害状況 開館状況
岩沼市民図書館 1F床上浸水あり臨時休館 10/29業務再開
角田市図書館 1F床上浸水あり臨時休館 10/29一部フロア「おはなしのへや」を閉室のうえ業務再開
多賀城市立図書館 1F床上浸水あり
大型絵本の約7割,赤ちゃん用絵本約400冊水損
開館中一部フロア「キッズライブラリー」を閉室
丸森町立金山図書館 1F床上浸水あり 臨時休館中

その他,図書館自体の被害はなかったものの,資料の貸出先で水損した資料があったという報告があがってきています。

注目すべきは、2016年にリニューアルオープンした多賀城市立図書館も多数の書籍の水損被害が出たことが悔やまれます。今後の水害対策が求められるでしょうね...

それでは。




仙台つーしんのTwitterも是非ご覧ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事